MAシリーズ

MAシリーズ精密ワイヤ放電加工機

1972年、西部電機は世界で初めて「CNCワイヤ放電加工機」の開発に成功しました。
その後、高生産性・高精密M-Bシリーズと、更に静的機械精度を向上したMMBシリーズ、UltraMMBシリーズをリリースしました。
そして2016年、超精密微細加工分野への新たな挑戦として、油加工液仕様ワイヤ放電加工機MEX15を開発致しました。
φ0.03ワイヤによる微細加工で狭ピッチコネクタやリードフレーム等の分野に対し能力を発揮します。

1972 CNCワイヤ放電加工機世界で初めて開発成功

特長

フルストロークで真直度0.1μm以下を実現

熱変位を極限までに抑えた高剛性門型構造・シールレスを実現したバーチャル・クロステーブル®を採用し、XY軸共に0.1μm以下の真直度を実現。

輪郭形状精度±0.5μmを実現

リードフレーム加工における輪郭形状精度にて±0.5μmを実現。

ピッチ加工精度±0.5μmを実現

100mm×150mm×8mm超硬プレート角穴16個のピッチ加工精度±0.5μmを実現。

真円度0.4μmを実現

φ0.07超硬T=8mm 直径10mmの真円加工において真円度0.4μmを実現。

高確率のφ0.03ワイヤ結線を実現

ワイヤ径電極線φ0.03のタクトタイム3分以内の高確率供給。
断線点供給も可能。

仕様

MEX15

工作物最大寸法 W×D×H 180×165×60 mm
※工作物最大質量を超えないこと
工作物最大質量 12kg
※治具等質量を含む
各軸移動量 X×Y×Z 150×150×120 mm
使用ワイヤ電極径 φ0.03〜0.15mm
自動ワイヤ供給装置 AWF-5 標準装備
U-V軸移動量 U×V ±20x±20mm
最大テーパ角度 ±10°/板厚60mm
外形寸法 W×D×H 2,205×2,325×1,920mm
質量 3,900kg
  • 放電機械加工サンプル
  • 放電機械資料ダウンロード
  • 商品情報

  • 加工精度
  • 油加工液仕様ワイヤ放電加工機MEX15
  • 精密ワイヤ放電加工機MAシリーズ
  • 精密ワイヤ放電加工機MAシリーズ
  • 高精密ワイヤ放電加工機MMAシリーズ
  • 超精密ワイヤ放電加工機Super MMAシリーズ
  • PRビデオ

  • 放電機械 紹介ビデオ
  • 会員登録
  • 会員ログイン