西部電機 環境方針

西部電機は、自然随順に即した技術の応用で、メカトロニクス商品を提供し、広く社会に貢献しています。今、地球環境の改善が世界共通の重要課題として認識される中、当社も企業活動のあらゆる面で地球環境の保全に努めています。
今後も「環境と共存する西部電機」を目標に、積極的かつ継続的に改善活動を図ります。

環境スローガン

「未来に残そう豊かな自然」

基本理念

西部電機は自然随順に即した技術の応用と、環境に配慮した企業活動及び社員の行動によって、地球環境の保全と改善を継続的に推進します。

行動指針

  1. 企業活動にともなう環境への影響を把握し、環境保護の継続的な改善と環境汚染の予防に取り組みます。
  2. 環境に関する法規制、条例及び地域との協定などを遵守すると共に、「具体化対策」の策定及び実施により、環境保全の一層の向上に取り組みます。
  3. エネルギー消費の削減、特に電力使用量の削減を図り、地球温暖化防止に努めます。
  4. 廃棄物の削減と分別回収を図り、再資源化、再使用を推進し、資源の有効活用に努めます。
  5. 省エネ、小型軽量化、部品点数の削減等環境に配慮した商品開発を推進します。
  6. 化学物質の管理を徹底し、排出や流失などによる環境汚染の防止に努めます。
  7. 購買に関しては、環境負荷の少ない資材、設備などグリーン調達を推進します。
  8. 環境保護に関する社員教育を実施し、環境保全の意識向上に努めます。
  9. 地球社会の一員として、環境保全の責任を果たし、安全で快適な地域社会つくりに貢献します。
  10. 資源である水の有効利用を推進するため、節水に努め、水使用量の削減に努めます。

環境活動レポート