1927年に創業した西部電機。一つひとつの「軌跡」が 未来を創造しています。

昭和

1927年昭和2年東邦電力(現 九州電力(株))の電気機械工場であった東邦電機工作所九州工場(福岡市博多区博多駅前)を引き継ぎ、同地に西部電気工業所を創立。電気機械器具(変圧器・モータ・発電機)、 電気計器の製造・修理を開始。(創業) 写真
1939年昭和14年西部電機工業株式会社に改組(資本金18万円)。(設立)
1942年昭和17年鉱山用電気機械器具の増産のため、福岡県糟屋郡古賀町 (現 福岡県古賀市)に電機工場を移転。
1945年昭和20年本店および工場等の全設備を福岡県糟屋郡古賀町に移転。
1953年昭和28年 石炭業界の不振により、鉱山用機器からの脱皮を図るため新機種の開発に注力し、軽便積込機 (ローダー)を開発。
1954年昭和29年 モーターブロックおよびバルブコントロールの生産開始。
1957年昭和32年バルブコントロール量産工場完成。
1959年昭和34年 社内設備用工作機械の性能向上のための改造ユニット製作技術を生かし、工作機械(旋盤)の生産を開始。
1962年昭和37年形彫り放電加工機を開発、ならびに大型工作機械工場を新設。
1966年昭和41年立体自動倉庫(モノレールスタッカクレーン)を開発。
1972年昭和47年世界初のCNC式ワイヤカット放電加工機開発。
1973年昭和48年遊休資産の活用ならびに福利施設運営管理のため、西電興産株式会社を設立。
1976年昭和51年高精密小型NC旋盤を開発。
1982年昭和57年FMS西部DIO(ダイレクト・インプット・アウトプット)システム® を開発。
1983年昭和58年NC放電加工機を開発。
高速オーダーピッキングシステムを開発。
世界初の NC リード加工機を開発。
1986年昭和61年商号を西部電機株式会社に変更。
福岡証券取引所に上場(資本金10億3千3百万円)。
1987年昭和62年千葉県市川市に東京サービスセンタを移転、新設。

平成

1990年平成2年新設計事務所を新設。(食堂併設) 写真
1991年平成3年大阪証券取引所市場第二部に上場(資本金26億5千8百40万円)。
1995年平成7年放電加工機の高速自動ワイヤ供給装置(AWF-3)を開発。
加工の匠の技を当社製品の部品加工に生かすため、有限会社西部テクノサービス(現 株式会社西部ハイテック)を設立。
2002年平成14年高速仕分け装置EEソータ、ロールイン・ロールアウト方式のケース自動倉庫(RIO-S)を開発。
2003年平成15年ピンラック式ゲート開閉機(手動・自動)を開発。
浸漬形ワイヤ放電加工機(M500S、M350S、M750S)を開発。
2004年平成16年積層ストックシステムを開発。
2005年平成17年図書館用自動倉庫を開発。
Semflex® Vシリーズ、Semflex® LPシリーズを開発。
2006年平成18年高精密自由形状研削加工機(SFG-28)を開発。
当社商品の塗装作業等を目的として、西部ペイント株式会社を設立。
超精密ワイヤ放電加工機(MP250S)を開発。
東京証券取引所市場第二部に上場。
2007年平成19年本社社屋および新工場を新設。
2009年平成21年株式売買の取引集約するため、大阪証券取引市場を廃止。
アソート・ブーメランシステムの開発。
納骨堂自動参拝システムを開発。
大型チェーン式ゲート駆動装置を開発。
高精密ワイヤ放電加工機(MM750S)を開発。
2010年平成22年Semflex® Aシリーズを開発。
超精密ワイヤ放電加工機(SuperMM50A)を開発。
2012年平成24年 搬送機械事業において、株式会社豊田自動織機と業務・資本提携。
マルチソーティングRIOを開発。
油仕様ワイヤ放電加工機(M25LP)を開発。
2013年平成25年 水平陸閘電動駆動装置(水閘電® HPM シリーズ)を開発。
2014年平成26年 ロボット配分システムを開発。
超精密ワイヤ放電加工機(UltraMM50B)を開発。
2015年平成27年 スイング式ゲート開閉機(HGM シリーズ) を開発。
多目的工場を新設。