MMBシリーズ

MMAシリーズ 高精密ワイヤ放電加工機

1972年、西部電機は世界で初めて「CNCワイヤ放電加工機」の開発に成功しました。その後、数々の機能を搭載し、2003年に高生産性・高精密ワイヤ放電加工機Mシリーズとして生まれ変わりました。
そして今ここに、さらに精度にこだわったMMシリーズが誕生。1本の電極線が金属を微細に、滑らかに、思いのままに加工していく・・・
その加工精度の高さは、伝統技術「きさげ」を何度も繰り返し、機械加工では得られない平面に仕上げているからなのです。西部電機の加工機に対する情熱は、これからも変わることなく、新たなる挑戦を続けていきます。

1972 CNCワイヤ放電加工機世界で初めて開発成功

特長

超精密加工を実現するプロフェッショナル性能

伝統技術きさげ

匠の技「きさげ」によって品質を造りこんだMMシリーズ、サブミクロンの加工精度を提供致します。きさげを駆使したMMは永年安定したピッチ加工精度を実現します。

伝統技術 きさげ

ワンランクアップした加工精度

超精密金型に対応出来る加工精度を実現!世界最高の自動結線装置で順送のプレート加工など結線回数が多い加工も安心です。

ワンランクアップした加工精度

サーマルアジャスト24®(Thermal Adjust24)(特許出願中)

周囲の温度変化や放電熱等の影響によるワイヤ垂直位置の変位を自動で補正します。
この機能により製品の形状精度をあげる事が出来ます。
また、温調設備に高いコストを掛けずに従来よりも加工精度の向上が図れます。

仕様

MM35B

工作物最大寸法 W×D×H 650×550×190mm
工作物最大質量 350kg
各軸移動量 X×Y×Z 350×250×200mm
使用ワイヤ電極径 φ0.07〜φ0.3mm φ0.20mmが標準
自動ワイヤ供給装置 AWF-4 標準装備
U-V軸移動量 U×V ±60×±60mm
最大テーパ角度 ±10°/板厚190mm(±45°/板厚40mm : オプション)
外形寸法 W×D×H 1,370×1,785×1,990mm
質量 2,900kg

MM50B

工作物最大寸法 W×D×H 800×650×270mm
工作物最大質量 800kg
各軸移動量 X×Y×Z 500×350×280mm
使用ワイヤ電極径 φ0.07〜φ0.3mm φ0.20mmが標準
自動ワイヤ供給装置 AWF-4 標準装備
U-V軸移動量 U×V ±60x±60mm
最大テーパ角度 ±10°/板厚270mm(±45°/板厚40mm : オプション)
外形寸法 W×D×H 1,680×1,915×2,070mm
質量 3,400kg

MM75B

工作物最大寸法 W×D×H 900×700×220mm
工作物最大質量 1,000kg
各軸移動量 X×Y×Z 750×500×280mm
使用ワイヤ電極径 φ0.07〜φ0.3mm φ0.20mmが標準
自動ワイヤ供給装置 AWF-4 標準装備
U-V軸移動量 U×V ±60×±60mm
最大テーパ角度 ±10°/板厚270mm(±45°/板厚40mm : オプション)
外形寸法 W×D×H 2,280×2,200×2,170mm
質量 5,100kg

*220~270mmワークについてはフラッシング加工となります。

  • 放電機械加工サンプル
  • 放電機械資料ダウンロード
  • 商品情報

  • 加工精度
  • 油加工液仕様ワイヤ放電加工機MEX15
  • 精密ワイヤ放電加工機MAシリーズ
  • 精密ワイヤ放電加工機MAシリーズ
  • 高精密ワイヤ放電加工機MMAシリーズ
  • 超精密ワイヤ放電加工機Super MMAシリーズ
  • PRビデオ

  • 放電機械 紹介ビデオ
  • 会員登録
  • 会員ログイン