Ultra MMBシリーズ

Super MMAシリーズ 超精密ワイヤ放電加工機

1972年、西部電機は世界で初めて「CNCワイヤ放電加工機」の開発に成功しました。その後、数々の機能を搭載し、2003年に高生産性・高精密ワイヤ放電加工機Mシリーズとして生まれ変わりました。
そして今ここに、さらに精度にこだわったMMシリーズが誕生。1本の電極線が金属を微細に、滑らかに、思いのままに加工していく・・・
その加工精度の高さは、伝統技術「きさげ」を何度も繰り返し、機械加工では得られない平面に仕上げているからなのです。西部電機の加工機に対する情熱は、これからも変わることなく、新たなる挑戦を続けていきます。

1972 CNCワイヤ放電加工機世界で初めて開発成功

特長

MMを超越した加工精度

ピッチ加工精度

MMを凌ぐピッチ加工精度を実現しました。

ワーク材質:SDK11
ワーク板厚:20mm
使用ワイヤ径:φ0.2mm
加工回数:5回
加工面粗さ:Ra0. 21μm/Rz1.76μm
三次元測定機:ZEISS PRISMO5 SPACC

ピッチ加工精度

上図ストロークピッチ加工において、X軸はRangeで1.3μm、Y軸はRangeで 1.0μmという精度を得ることが出来ました。
従来の常識を覆すレベルで「超高精度領域加工」を実現致します。
確実に繋ぐ自動結線装置機能と業界随一のピッチ・形状精度で ユーザー様の生産性・品質向上に貢献致します。

超精密金型に対応出来る加工精度を実現!世界最高の自動結線装置で順送のプレート加工など結線回数が多い加工も安心です。

X軸誤差、Y軸誤差

φ0.05ワイヤ自動供給対応化(実運用での自動結線確率90%以上)

MMではΦ0.07ワイヤまでの対応機でありましたが、UltraMMでは超精密、微細加工に欠かせないΦ0.05ワイヤも対応可能となりました。人の髪の毛は80〜100μmです。 それより細い50μmのワイヤを80μmのスタートホールに結線可能で、実運用での結線確立は90%以上です。超精密金型加工ばかりでなく、小型精密部品加工も行うことが出来るようになりましたので、UltraMM1台でより幅広い分野において、臨機応変に対応していけるものと自負しております。

仕様

UltraMM50B

工作物最大寸法 W×D×H 800×650×200mm
工作物最大質量 800kg
各軸移動量 X×Y×Z 500×350×260mm
使用ワイヤ電極径 φ0.05〜φ0.3mm φ0.20mmが標準
自動ワイヤ供給装置 AWF-4 標準装備
U-V軸移動量 U×V ±60x±60mm
最大テーパ角度 ±10°/板厚250mm(±45°/板厚40mm:オプション)
外形寸法 W×D×H 1,875×1,930×2,050mm
質量 3,400kg

*200~250mmワークについてはフラッシング加工となります。

  • 放電機械加工サンプル
  • 放電機械資料ダウンロード
  • 商品情報

  • 加工精度
  • 油加工液仕様ワイヤ放電加工機MEX15
  • 精密ワイヤ放電加工機MAシリーズ
  • 精密ワイヤ放電加工機MAシリーズ
  • 高精密ワイヤ放電加工機MMAシリーズ
  • 超精密ワイヤ放電加工機Super MMAシリーズ
  • PRビデオ

  • 放電機械 紹介ビデオ
  • 会員登録
  • 会員ログイン